初めての日本画

こんにちは。

先日初めて日本画を観に行きました。



日本画家の手塚雄二さんの展覧会でした。
たまたまお客様にチケットを頂きまして、
すごく興味がありましたので観に行かせて頂きました。



日本画の世界はまったく無知です。
(あ、絵自体が無知です。)

日本画といわれると、

歴史の授業で習った日本画しか

頭にありませんでした。

風神雷神など派手な屏風絵や、

葛飾北斎のようなスケールが大きくて

鮮やかな色彩の絵。


ちなみに日本画は

平安時代の1000年前から伝わる技法で

いまも描かれているらしいですね。

鉱物を原料とした、粉末状の天然岩絵の具を膠で溶いて、紙や絹地に描く。

こんな感じの日本古来の技法による絵画を「日本画」と呼ぶのです。



実際見に行くと
とても綺麗でびっくりしました。


とくに色彩がなんとも言えない感じでした。


薄いけど鮮やか。

透けてるけど深いみたいな。


とにかく僕の好きな感じです。

薄い感じでただ綺麗でした。


料理でもすごく濃いのは

好きではありません。

(揚げ物にソース&マヨネーズとか)


だしが効いてて深い味が好きです。

なので出汁文化の日本に生まれて

嬉しい限りです。



そんなことより
描かれてる絵が本当に素晴らしかったです。

ただ森を描いてる。
海を描いてる。
月を描いてる。

そんな感じでシンプルなんですけど

すごい繊細。なのにダイナミック。


これ以上削ぎ落とせないところまで
シンプルな作品で最高でした。

ちなみに僕もここ最近は余計なものは

そぎ落としてシンプルにしていく

ということが

どんなことにも大事だと思っています。




『神宮内陣御屏風(日月四季花鳥)』

という屏風絵が展示されていたのですが




明治神宮の内宮御神座に奉納される為、 

次は100年後にしか見ることの出来ない絵

らしいです。


明治神宮は1920年に鎮座して、100年ごとに屏風絵を入れ替えるらしいです。

つまり一度目の入れ替え。


この絵は新天皇即位のタイミングで

宮内庁に納められてその後明治神宮へ。



生きてるうちはもう二度と

見れない絵なんだなと思い、


何だかわたくし鳥肌が

立ってしまいました。笑


それにしても誰も観れなくなり、
神様だけのための絵なので、
神様は100年間も
素敵な絵を独り占めできて贅沢ですね。


また100年後に新たな絵と入れ替わるとき

自分はいませんが世界はどんなふうに

変わってるのか気になります。



日本文化っていろいろ繋がっていて

面白いです。

人生を楽しくするために

もっと日本文化を
勉強しなくてはなりません。。

と思う一日でした。



皆さまも日本画好きな方がいましたら
是非浅野に教えて下さいませ🌿


ちなみに絵を観に行ったあと、
銀座の高級食パン専門店「に志かわ」に
行ったら開店1時間前から並んでいたので
すぐに諦めました。


最近は食パンブームが凄まじいですね

ちなみに、『に志かわ』の食パンは焼かずに

食べるのだそうです。

どんだけ美味しいのか食べてみたい。。


予約できるらしいので、また行きます。

(道の逆側にもっと長い列がありました。)

以上、休日でした。

clipclip asano blog

asano daisuke 髪の毛、健康、日々のこと、書いています。

0コメント

  • 1000 / 1000